気になる後遺障害詳細

ムチ打ち

後遺障害名

むち打ち損傷は、交通事故傷害でもっとも多い症状です。外部からの強い衝撃によって、首が一時的にむちを打ったように伸縮したことで起こる損傷を総称したものです。首周辺の筋肉や靱帯、椎間板などに損傷を来すことで、以下のような症状が現れます。

むち打ち損傷の主な症状
頭・首・肩・腕・背中などの痛み 倦怠感
めまい 微熱
しびれ 睡眠障害
吐き気 情緒不安定
知覚の異常(ものの見え方の変化)  

「むち打ち」は一般的によく聞く言葉ですが、病気や症状の名称ではなく、あくまで症状を招いた原因を指し示す言葉です。ですから、医師の診断書に「むち打ち損傷」と記載されることはありません。むち打ち損傷による「頸部損傷」という記載がなされます。

むち打ち損傷の5分類

むち打ち損傷は、一般的に以下の5型に分けられます。

1.頸椎捻挫型
【主な症状】首まわり・後頭部・肩部の痛み、首の動かしにくさ
事故の衝撃により、首の筋繊維や前後縦靱帯、椎間関節包といった軟組織に起きた断裂や伸びを原因とします。むち打ち損傷の約7割がこの型に当てはまります。
2.神経根症状型
【主な症状】知覚障害、疼痛など
神経根が圧迫されることでさまざまな症状が起こる類型です。圧迫された神経にかかわる部分に影響が出ます。【主な症状】が認められる場合は、多くの場合で複数の神経根症状の誘発テストに陽性反応がみられます。
3.バレー・リュー症状型
【主な症状】めまい、耳鳴り、頭痛、記憶障害、吐き気、倦怠感
原因が明らかになっていませんが、頸部の交感神経に起きた過緊張や椎骨動脈の障害などが影響しているとされています。症状は多岐にわたり、また長期化・慢性化しやすいとされています。
4.根症状+バレー・リュー症状型
【主な症状】めまい、耳鳴り、頭痛、記憶障害、吐き気、倦怠感
「2.神経根症状型」と「3.バレー・リュー症状型」の症状が併発した状態をいいます。放散痛などの痛みと倦怠感などの神経からくる症状が同時に認められたら、この類型を疑う必要があります。
5.脊髄症状型
【主な症状】しびれ、知覚傷害、歩行障害、膀胱・直腸の障害など
頸椎の中にある脊髄が傷ついたり圧迫を受けたりした場合に起こる、むち打ち損傷のなかでも重度の類型です。多くは下肢に伸びている神経が損傷を受けてしまうため、下肢のしびれや歩行障害が現れます。
気になる後遺障害詳細一覧に戻る
PAGE TOP
Copyright © 交通事故示談解決Web All Rights Reserved.